ゴルドーなげちゃう


さて、本題の解説に入ります。
※ゴルドー投げの種類(シフト等)に
ついては、全一の方が解説済なので
割愛いたします。
(youtubeで「デデデ ゴルドー」で検索してください)

デデデと対戦をすると、ほとんどの使い手は
崖上でゴルドーを上シフトで投げてくると思います。
よく見る光景です。
しかし、そもそも、なぜデデデは崖上で
ゴルドーを投げるのでしょうか。

理由は三つです。
①崖につかまらず上から復帰or地上への着地を防ぐため
②崖につかまった後にジャンプ上がりを防ぐため
③崖つかまりの無敵を無くさせる時間をかせぐため


①崖につかまらず上から復帰or地上への着地を防ぐため
デデデやパックンフラワーのように、崖の制圧力が高いキャラに対して「崖をつかまない」という対策は一つの有効策です。地上にそのまま着地する方法です。

ただし、デデデのゴルドーは、当たってしまうと崖外に飛ばされることに加え、デデデが近距離にいる間合いでガードをしてしまうと、掴みが確定するため崖展開が継続されます。

そこでデデデは崖上にゴルドーを設置することで、自らの長所である崖展開を継続する可能性を高めます。

デデデが崖上でゴルドーを投げる理由の一つは「自分の強みである崖展開を継続するため」となります。
※なお、上位勢のデデデ使いになればなるほど、崖上からの着地・復帰に対してはデデデ自身の空前や多段ジャンプを使って牽制し、相手キャラが下から復帰せざるを得ない展開になったことを確認した上で、ゴルドーを投げて崖上がりを咎める展開を作ります。
どちらにせよ、ゴルドーはデデデの得意な崖展開を作るために用いられます。


②崖につかまった後のジャンプ上がりを防ぐため
ゴルドーの軌道は崖につかまっているキャラをめがけてバウンドしながら向かっていきます。(本記事では2種類の投げ方・軌道を後述します)

そのため、崖つかまりからジャンプ上がりをしてしまうとゴルドーに当たり崖外に飛ばされ、もう一度崖展開となります。

また、ゴルドーに当たってしまうとヒットストップが発生するためデデデの狙いによってはジャンプ上がり→ゴルドーのヒットストップ→デデデ自身の攻撃という展開となり、簡単にストックが溶けてしまいます。

デデデが崖上でゴルドーを投げる理由の二つ目は「本来リスクの少ないはずのジャンプ上がりを抑制し、相手の崖上がりの選択肢を減らすため」となります。


③崖つかまりの無敵を無くさせる時間をかせぐため
さて、デデデが崖でゴルドーを投げる理由について二点あげましたが私が最も重要と考えているのはこの三点目です。

ご存じの通り、スマブラSPにおいて崖をつかまりっぱなしにすると無敵が切れます。

キャラのつかまり姿勢等によって少々異なりますが、デデデの攻撃で崖つかまり状態(崖を掴む瞬間を含む)のキャラに当たる地上技は下記の通りです。
-横スマッシュ
-下スマッシュ
-横強
-下強
-DA
-ジェットハンマー(下B)

そう、とても多いんです。
特にジェットハンマーとDAはヒットする範囲も広く、吹っ飛ばしはピカイチな上に、無敵の消えた掴まりっぱなしのキャラ全てに当たります。

そのため、崖につかまりっぱなしという選択肢は非常にリスクが高いため、崖を上がらざるを得ません。
また、一回での崖上がりを拒否し二回目の崖掴みを選択すると、掴まり状態に無敵が無いため、リスクが跳ね上がります。

極端なお話、崖離し行動をミスると
最悪、こうなります




上記を纏めると、
-崖上にゴルドーがある状態でのジャンプ上がりは、ゴルドーが当たる
-崖につかまりっぱなしを維持することは大きなリスクがある
-崖を離してもう一度掴むことは無敵が無いため、リスクが跳ね上がる
となります。

そのため、多くのプレイヤーが消去法で
「ゴルドーが消えるタイミング付近で、その場上がりor回避上がり」
選択することになります。
崖につかまっている状態から、無敵状態を切らさずに上がろうとした場合はこの二択になります。

これはデデデ側からすると
・一定のタイミングで
・相手がその場上がりor
 回避上がりをしてくれること
を意味するため、崖上がりを狩る難易度が爆発的に下がります。

以上のように、デデデが崖上でゴルドーを投げる理由の三つ目は
「崖つかまりの無敵時間を消費させ、相手が崖上がりをするタイミングを一定に絞ることで崖狩りの難易度を大きく下げるため」です。


Ⅱ.ゴルドーの巻き方 -王道の二種類-